Decembersnow19

好きなものを描いたり載せたり。 彫紙アートの作品も作っています。

今と昔

f:id:Decembersnow19:20140301041503j:plain


少し前なんですけど

高校からの友人にですね、

「〇〇(私)はさ、ずっと脆いイメージだったけども、今のほうがずっと壊れやすい感じがする。
 昔も痛んでたかもしれないけど、少なくとも私と出会った頃のほうが明るかったと思うんだよね」

と、ゆーよーなことを言われました。笑。


他人から見たらどうかなんて、人それぞれだから気にしてませんが、しかし私は思うのですよ。


多分、人に見せてなかっただけでずっとこういう自分だったんだと。


事実、他人に明るく振る舞うのはすごくしんどかったし、理解なんてされたくなかったからこそ、そうしてきたわけで。


それがなくなっだけ、自分と他人の壁が薄くなったと思うのですよ。


脆いのは性分なのだと思います。

それがわかった今、早いペースで進む人や、むやみに中へ入り込もうとする人とは向き合えません。


誰だって、自分の中に自分だけの世界があるわけですからね(^p^)


それには必ず理由があります。


物語にも必ず背景があるように。


それを引き渡す人を、わざわざたくさん作る必要もないと思うのです。



こんな私が接客業というのをやっているのだから、わからないものですよね(笑)



……………………。



眠れないなぁー ̄(=∵=) ̄