読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恐さ

f:id:Decembersnow19:20160901002808j:plain



展覧会参加の手続きを終え、頼んだDMも届きました。


制作も、コツコツと完成へ向かっています。

とは言え、本当の完成を迎えるまでは安心できませんが。




気づけばもう、この作品とは半年向き合っていることになります。


私自身、一つの作品をこれだけ長い時間をかけて完成させるということは、今まで一度もありませんでした。
(取りかかるまでに時間がかかったことは、幾多あったけれど)


完成に向かってるという点で、これまでに感じたことのない恐さを実感しています。


一つは、制作においてひとしお愛情をかけた作品が、自分の手から離れること。

作品は、完成すれば独立したものになります。


完成前は、どうやったら言いたいことが伝わるだろうと悩んだ作品でも、完成すれば自ずとそれは、何かしら「表現」してくれるものです。

それが、自分の思いと噛み合ってるかは別として。

なので私がこの作品へ込めるものは、この時点でもうなくなります。

もっと正確に言えば、それはずっと前から、つまり下絵の時点でも同じなのですが。悲しいことにも、まだ手を加えられるうちはと、錯覚してしまうものなのです。



そしてもう1つは、前述したことよりもっとエゴに近いもの。


今の力量の全てと、これまで制作に携われなかった時期のことも含め、熱意とか意気込みは全て注ぎ込んだと言っても過言ではなくて。


そういった生徒さんは珍しくないらしく、やんわり先生は、例に違わず私も「燃え尽きる」ようなことがないか心配しています。


なので、はよ新しいの考えてと言います(笑)


新しい作品は考え始めています。

それでもこうして向き合う場面というのは、自ずと訪れるのだなと感じています。


他人から見れば、たいした大作でもなかろうにとは自分でも思うほどです。



きっとそんなのも、最初だけ、つまり展示作品として初めてだからのことなのですが。



いったい誰に、こんなことが言えるでしょうか(笑)


自己満足なのも分かっています。

自分でもちょっと、気持ち悪いくらいで(笑)




初めての参加で、初めての会場。


終われば作品が手元に戻るように、私の中にも何か、答えは返ってくるのかな。
例えば新しい世界観とか。


そんなことを、ふと思いました。