Decembersnow19

好きなものを描いたり載せたり。 彫紙アートの作品も作っています。

描くということへの、感謝。

f:id:Decembersnow19:20160728222606j:plain


先日、頼まれていた桜の作品を友人へと送りました。


前回での記事にのせた写真の桜は、独断で却下したもの。でも処分するのは勿体なくて、名刺デザインに使いました。


結果的にはやっぱり、今回の夜桜のが好評でした。


f:id:Decembersnow19:20160728222944j:plain


フレームに入れたもの(at友人宅)。

友人は、届いたその時点ですぐに飾り、そのまま写真を撮ってくれたそうです。


ありがたや。



展示作品の制作ペースも落ち着き、油断はできないものの、ほんの少しだけ肩の力を抜きたいところ。



展示会当日は、ベテランさんたちも大勢いるとのことで。

経験が浅い自分なりに、少しでも真摯に作れたらなと、思います。



次回、載せられたら途中経過でも。



最近、仕事のとあるトラブルで、ごっそりメンタルを持っていかれてしまいました。


自分のミスやクレームなら、何度でも挽回しようと奮起するのですが



半年くらい前?からでしょうか。
陰湿なお客様からの嫌がらせに、ぐるぐる考えを巡らせてしまい。


上に助けを求めるのもためらわれ、ずいぶん悩みましたが、そうも言っていられない状況になり。


周りを頼る、甘えるというのが大の苦手な私には、本当に屈辱的です。


一刻も早く落ち着くことを願っています。



悔しくて、悔しくて。

これまでもいろんな場面で、最悪な選択というものが頭をよぎることも沢山ありました。


それでも最後に救われたのは、絵を描くという表現があったからだなと、今になって思います。



そんなのは理由にならないけれど、それでも多分きっと、この描くということを失ったままだったら、今私はここにいないと思うのです。



そして今は、ささやかだけれど応援してくれてる人がいて。

当たり障りのない励ましでも、それすら今は本当に。ありがたいのです。




彫紙アート、そして先生方に出会えたことに感謝しています。