読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉にすること

f:id:Decembersnow19:20160613193023j:plain


先月から、心身ともに制作へどっぷりハマっています。

下絵(仮)の線画や色選びの修正をなん十回と繰り返し、悩み、答えを出して。

その作品以外にも、人へ渡す作品が何点か。

本当は展示作品も、もう1パターンくらいの作品を考慮できたらベストなのですが、なかなかそこまで余裕がありません(^^;



楽しくなっては行き詰まり、また楽しくなっては行き詰まりの繰り返しで、それでもふと感じるのは、最近ようやくというべきか、自分が初心者の頃よりも数段、技術がついている実感が湧くようになりました。





とはいえ、まだまだ身につけたい感覚や技術も、山ほどあります。

ああしたい、こうしたい。 ああなりたい、こうなりたい。

それを文字にしようとすれば無数に浮かんできます。



正直、複数の作品を同時に作るほど意欲的になれるなんて、思いもしませんでした。


まして数年前の自分の未熟さを思えば尚更。


昨年の私も、その前の私も。


ただ幼かったのだな、と振り返る今日この頃。


幼い、その言葉が適切かどうかは微妙なところですが(笑)


人と比べてないものねだりばかりして、自分の中と向き合うことをしませんでした。


そういう意味では、やはり幼かったと。


作品を作っていると、驚くほど気持ちが安定します。

苦しさもありますが、それは自分の中にあるもので、誰かを巻き込んだものでもありません。



筆を持っても、線のピントすら合わせられなかった昔を思うと、ただ作る楽しさを噛みしめるばかりです。



時間はまだかかりますが、ここでお見せできる日がきたらいいなと、そう思います。



明日も頑張ろう。