読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欠落オートメーション

f:id:Decembersnow19:20131201021719j:plain



「いつどんな時どんなタイミングで
 僕はそれを失ってしまったんでしょう?
 深層心理を探ったところで
 なんの意味もなくて」





数日前に、買わないと決めていた睡眠薬に手を出してしまいました。


どうしても、身体中の軋むような、内側からの痛みに耐えられないのです。

買っただけで、服薬はまだしていません。

開けてもないままで、それこそ意味もないことなんだけども、「ある」のと「ない」のでは、痛みが全く違っていて。



「周りが思うよりもっとずっとすごいスピードで物事は動いてるんだ」


「気づけきゃもう今日は終わっていて
 求めていた日々はこんなもんだったっけ?」




これでは治るというのにはほど遠くて。



それでも私を救おうとしてくれた世界は、驚くほど美しくて、全てがゆっくりで、光がそこにあることに初めて気づいたような感覚だった。



落ちた水の中で水飛沫を見てるような。



声をあげて笑うことを思い出して、それが翌日の自分の体にどれだけ痛みを和らげるか。


私の大切な人たちは、それをよく知ってくれているかのように、当たり前のようにしてくれて。



また悲劇のヒロイン気取りって言われるかな(笑)





もう少し、ほんとにあと少しのところで。



「何もしない」
「何もできない」
この場所から、早く立ち上がりたい。