Decembersnow19

好きなものを描いたり載せたり。 2015年から彫紙アートの作品を作っています。FBやTwitterやっています。絵描きさん、作家さんからのコンタクトもお待ちしています。

泡沫の記憶 2

いろいろ出てきたことを忘れないうちに笑。 アクリルの混ざっていく変化がとても綺麗だったので、感覚的な線画として、ひとつ残すことに。これを紙で起こせれば良いのですが、作品として成り立つかは、やってみないとわかりません。まさに未知の体験。 こう…

泡沫の記憶

10月ですね。 夏が終わったというのに、度重なる台風とその湿度で暑い日に振り回されています。そうです。夏が終わったというのに、久しぶりの更新です。 (もう何も言えないので、このまま行きます。笑) この3ヶ月間のことを強いて言うなら、通っていた教…

夢の続きを、今も。

春の市民展が終わり、ようやく気持ち的にも落ち着きを取り戻した今日この頃。 今年は紙に一部、立体部分をつけました。 写真は完成直前のものです。この市民展では光栄なことに、小さくはありますが、賞をひとつ頂きました。 今年は様々な形でも作品づくりに…

Before tomorrow comes

とてもお久しぶりです。 3ヶ月ちょっとの間が空きました。2月から、同じ教室に通う生徒さんの展示や、何度かお会いした川崎さんの展示など、作品にまつわる動きが増えました。春の市民展の準備も相まって、バタバタの時期です。そして、何より職場が過去最悪…

小さな欠片を集めて

1月の末頃に友人と 上野にある田畑硝子工房でアクセサリーを作りに行きました。 http://tabataglass.tokyo/ もともとは浅草あたりに行きたいと話していたのですが たまにはモノづくりもいいかなと思い、体験を申し込みました。 2k540という通路を渡り歩くと…

迎春

遅ればせながら明けましておめでとうございます。 昨年(とくに12月)は忙しかった……。年末イベントをフルで出たのは、もしかしたら初めてだったかも知れません。 そして空いた時間では年賀状印刷のための制作でした。 戌年なので、昔飼っていた愛犬を描こう…

12月25日の過ごし方。

今年は日曜がクリスマスイブでしたね。皆さんは素敵なクリスマスを過ごせたでしょうか? 私はがっつり仕事してました(笑) お客様でも楽しそうな方々を見ながらのこの数日、ある時から12月25日という日の過ごし方が少し苦手になっていました。 写真も、クリ…

切る、折る、そして祈る。

おおおっと、前回の記事から早くも2週間。今年のうちに更新したい内容の半分も書いてません。危うく2018年に追い越されてしまうところでした。 さて。先月のことになってしまいますが。 お茶の水駅からすぐ近くにある「おりがみ会館」に立ち寄り 「第二次切…

動く油絵

先月末、学生時代からの友人(もう十数年越し)と映画を見てきました。 「ゴッホ 最後の手紙」という映画。 実写で撮影したフィルムから、油絵タッチに描きあげ、さらに加工し直した画期的な作品でした。 ペイントされた油絵の具が動く様子がとても素敵でし…

「向き合う」ということ。

前回も載せた、赤井都さんの「そのまま豆本」から作ったもの。 こちらはエレガントなデザインで、可愛らしさも増しています。 豆本、とても作るのが楽しいです。 もともと本を作るのも夢だった時期があり、本が好きな私にとっては、豆本も魅力的です。 とり…

つくること。

展示が終わって早くも2ヶ月あまり。 結果は別として、今年は割と去年よりも作品を作る機会が増えていました。 多分きっと、その集中力が切れてしまったのか、10月いっぱいまで疲労が抜けず、空っぽの状態でした。 何もせずに過ごしてしまうのは良くないので…

音と文字と映像と

展示での搬入のため、目黒へ初進出しました。 外の風景の写真なんて、どれくらいぶりでしょうか。会場は小学校や市民プールがすぐそばにあり、駅から少し離れて並木道を通っての、のどかな道のりでした。 一変してその前は 駅前は古ーいラーメン屋や、飲み屋…

そして、告知

会員展になります。 今年も参加させて頂きます。まだまだ幼い作品ですが。 入場料は無料です。 今年こそ在廊したかったのですが 青森まで飛ばないといけないため、今年も設営のみの参加になります。 ご興味頂けましたら、ぜひ。 切り絵の立体作品とも言われ…

仕上げ

完成、そして額装しました。 今回はマットに挿し色で赤を入れてもらいました。 ただのホワイトのマットが入るより、雰囲気も変わって見えます。 額装の大切さを、身にしみて感じるようになりました。 残すところはウェディングボードのみ。こちらも、明日に…

制作の話

前回の下絵の作品です。 制作途中の写真を、久しぶりに。 約半年前から蝶の作品を作り始めて、5つめです。一個はボツになりましたが……。 前回の下絵から作り始めたこの作品も、一度完成させましたがボツにしました。 いくつか線の修正と紙の色を選び直して、…

描く

展示作品のアイデア、その後です。要素を取捨選択して、さらには無駄を削ぎ落として、ひたすら削ぎ落として。 ここまでまとめるのにさえ、とっても苦戦しています。 ウェルカムボードとの両立制作なので かなりタイトなスケジュールです。 今日までの1週間…

引き上げられるもの

先日、切り絵作家の下村優介先生の作品を見に、立川へふらっと立ち寄りました。 ……同じ中央線でも、新宿から結構離れてるものだと気づかず、ちょっと遠かったです(笑) 下村先生の展示は切り絵作家さんの中でも、とてもスケールが大きい斬新なものが多くて…

新しい作品

秋の展示会作品を書き出しています。 今回も蝶です。 実際に蝶の作品を作り出してからは、半年くらいでしょうか。 色々失敗したりしながら、ただより良くしていくのみです。 一つのモチーフを、ずっと作り続けることは大切なことだと、以前の先生は話してく…

ことり

今年の年賀状に作った鳥の作品です。 も、もう5ヶ月前になるのか…… 時が経つのは本当に早い。 鳥の顔のアップ。 この時、くちばしの立体感を出すのを忘れたまま印刷しました(笑) 前回載せた、蝶の作品に比べて この鳥のほうが紙の重なりが綺麗に出てますね…

制作と再会

とても小さい作品ですが 今月の22日から三週間ほどの期間で開催される、地元の市民美術展に出品しています。 きっかけは、中学の頃にお世話になった先生の存在でした。 毎年、年賀状のやり取りをしていて、今年の年賀状を彫紙の作品を印刷したデザインのもの…

新しい作品

お久しぶりです。年末、そして年明けから心身ともに狼狽する出来事が多々ありまして。2月からは長期的に体調を崩したりしていました。 そんな中、とっても大事な作業に追い込まれています。お誘い頂いている、とある展示会の作品制作です。なんと今月末には…

人と出逢う意味

今月の頭頃、パーチメントというアート展覧会があり、彫紙の教室へ一緒に通っている方と足を運びました。 初の自由が丘でした(^^) パーチメントというのは、トレーシングペーパーのような半透明な紙をエンボス加工したり、切り抜きやカットなどを駆使して、…

出逢い

11月ももう終盤へと差し掛かり、年の瀬も近づいてきました。 つい先日、今年一年自分が動いてきたことを振り返り、まだまだ足りないな~と思うことも沢山気づけました。 彫紙アートでいっぱいいっぱいで、ずっと迷っていた転職活動にも本腰を入れられません…

反省点とか

展示が終わり、一息つくかと思えば今度は職場の繁忙期に入りました。 最後の記事を書いたあたりから、帰宅後にベッドへ倒れこむような生活が続いています。 たった8時間しか働いてないのに、この疲労感は何なのか(^^; しばらくモヤモヤしていましたが、考え…

新しいスタート

ようやくポートフォリオを、作り始めました。年末までにとりかかればと思っていましたが、最近人と関わることが増え始めたこともあり、作品に話題が触れたときのためにも便利だなと思いまして。 とは言っても、まだ身近な人へ見せるものしか出来ませんが(^^;…

秋。

夏の暑さはどこへやら。 すっかり長袖の季節になってきました。 今日は搬入の日です。 わかってはいたけど、やっぱりちょっと緊張します(笑) あのすごい方達と、自分の作品を並べる日が来るなんて。 はてさて。半年続けた作品が一つ終わったわけなので。新し…

5年ぶりの

展示会参加の告知となります。 きっと、しっかり埋もれてる事でしょう(笑) それでも、参加できるだけでも本当に幸せなことです。 最近また、ジャズにはまっています。特にピアノジャズ。 ずっと応援していたピアニストの方が、メジャーデビューするという朗…

安堵

前回の記事でも書いた 、展示作品が完成しました。本当に長かった……でも今となっては、あっという間でした。 来週にはいよいよ、額装です。 この日は、最後のパーツのカットが終わるのを、先生に見届けてもらう形で終了(笑) いや、大げさとか、比喩とかでな…

恐さ

展覧会参加の手続きを終え、頼んだDMも届きました。 制作も、コツコツと完成へ向かっています。とは言え、本当の完成を迎えるまでは安心できませんが。 気づけばもう、この作品とは半年向き合っていることになります。 私自身、一つの作品をこれだけ長い時間…

神保町へ

だいぶ今更という感じですが、紙の見本店である竹尾さんへ足を運びました。 画材屋さんで見るより、はるかに色味も材質もあって、なかには紙に見えないものまで。 とても面白かったです。 授業の前の合間で言ったので、あまり時間はありませんでしたが、それ…