Decembersnow19

好きなものを描いたり載せたり。 彫紙アートの作品も作っています。

「向き合う」ということ。

f:id:Decembersnow19:20171108224848j:plain


前回も載せた、赤井都さんの「そのまま豆本」から作ったもの。



こちらはエレガントなデザインで、可愛らしさも増しています。



f:id:Decembersnow19:20171108224722j:plain




豆本、とても作るのが楽しいです。



もともと本を作るのも夢だった時期があり、本が好きな私にとっては、豆本も魅力的です。



とりあえず、引き続きもう何点か作る予定。



ここ最近で、今後の自分の動きが変わるような出来事がありました。



多くは書けませんが、これまでの自分の考えを根本的に変える出来事の一つだと思います。




年に一、二度の展示に対して、どれだけのペースで制作するかというのが、これまでの動きでしたが

それだけでは、自分が思うようには成長しないことに気づきました。


その上で、今の自分の身に起きた出来事というのを改めて受け止めて、そして初めてやっと、今後どう制作と向き合うかが具体的に見えてきました。



制作にも計画性、目的をしっかり持たなければいけないし、そのためにも気持ちや体を大切にしなければいけないことにも気づきました。


え、今更?という感じもしますが(笑)



というのはまぁ、最近までとてもイライラすることが多く、なかなか自分の中から出ていってもらえないそのイライラに、随分苦しめられました。


イライラの原因も一つではなかったので、その都度対処していくのにも色々な方法が必要でした。


例えば不眠を解消するのに、寝る前に一杯のカモミールを温めて飲んだり。

ストレスで強張った体をほぐしたり

似たような経験談や価値観の人の作品に触れたり


出勤前の身支度にかける時間を増やして、気持ちの余裕をもたせたり。


好きなことをする以外でも、自分を労ることで、気づくことも多いです。



自分を大事にしようと気づいたのは、自分にとってやっぱり作品をつくることは、それなりの意味があるからなんだと思います。



自分自身との対峙も大きいですが、今関わっている先生方と作品を通して向き合ってきたことが支えになっているのかなと。


何気なく入ったこの世界で、これだけ大切な居場所になるとは思いもしませんでした。




何はともあれ、頑張っていきます。






 

つくること。

展示が終わって早くも2ヶ月あまり。


結果は別として、今年は割と去年よりも作品を作る機会が増えていました。
多分きっと、その集中力が切れてしまったのか、10月いっぱいまで疲労が抜けず、空っぽの状態でした。


何もせずに過ごしてしまうのは良くないので、たまには気分転換に何か他の作品を作ってみてもいいかも?と



ふと、かなり前に豆本を作りたかったことを思い出しました。



赤井都さんの「そのまま豆本」という本が、冊子の中に既にキット化された豆本があり、切り取って組み立てられる仕組みになっています。


2、3年前かな。買ったの。


まだ体調が優れない時期だったこともあり、結局眺めた後は本棚へしまったんですね(笑)



きっといい気分転換になると思い、いそいそと引っ張ってきました。



f:id:Decembersnow19:20171104194455j:plain




こちらが作ってみたもの。
左側では唐突に見える500円硬貨。
大きさ参考になればいいのですが。


本の中の内容も、豆本のかわいさが最大に表現されたデザイン。


印刷は綺麗だし、作っているだけで幸せな気持ちになってしまいました。



のりづけではなく、糸とじになることで手作り感、あたたかみが増しています。





展示作品を振り返って、沈みがちだった気持ちも少しずつ回復してきました。



結果はどうあれ今年も、自分の目標はある程度達成できたのだと思います。


だからこそ、今後どうしていくかが考えられるのだと、今はそこを信じてみようかな。





ここもお休みしていたので、書きたいことは沢山です。

とりあえずは今日はこの辺で。

音と文字と映像と

f:id:Decembersnow19:20170920232233j:plain



展示での搬入のため、目黒へ初進出しました。
外の風景の写真なんて、どれくらいぶりでしょうか。

会場は小学校や市民プールがすぐそばにあり、駅から少し離れて並木道を通っての、のどかな道のりでした。




一変してその前は
駅前は古ーいラーメン屋や、飲み屋(という表現が合いそうな、昔ながらの居酒屋)や、焼き鳥屋があって、全く違う雰囲気にびっくりしましたが(笑)



搬入は昨年の展示よりも、ワイヤーを使っての展示だったため、思ったより大掛かりな準備でした。


f:id:Decembersnow19:20170920232436j:plain



前々日にウェルカムボードを完成させ、そのまま額装と郵送を一気にした私は若干すでに疲労気味で、思うより設営の力になれず…
流れを見て、個人的に経験とさせてもらうのみでした。相変わらずのチキンメンタル。



週末は青森へと向かい、離れて暮らしてきた従兄弟の結婚式へ。


ウェルカムボードは思いの外、好評にとってもらえたようで、ようやくやっと肩の荷がおりました。


式中は、思っていたより大きな会場と人の数でぐったりしてしまい
途中で受付にあるソファで休んでいたら、ウェルカムボードを写真にとってくれている人がいて、これはちょっと驚きつつ、嬉しかったです。


似顔絵なので、ここでの掲載はちょっとできないのが少々残念ですが。



それでも今回の展示で学んだことは、手数や労力をあげることよりも

自分の普段からの感覚や感性をあげることのほうが大事だなと実感しました。


どんなに手数が入っても、作品の内容に重みがなければ響かないなぁと。


見た目だけ綺麗な作品を求めるんじゃなくて
いろんな角度から物事を見て行くことも必要。



書き出せばきりがないので、これ以上は自分の反省として(笑)


この記事を書いている今日までは、仕事づけに戻りやや無気力でしたが


今後の志向を改めて練り直しつつ。



徐々に次の作品へととりかかる予定です。

ここまで約2週間かかりました笑。

数日で切り替えてしまうプロの方や、ワークショップをされてる人たちのモチベーションは本当にすごいと思う今日この頃です。



が、しかし私もいつまで甘くいてはいけないので、引き続き精進します。


頑張ろう。




最近、村上春樹さんの「海辺のカフカ」を読み返しています。


以前より不思議と、共感するのは
きっと手探りで私も日々過ごしているからなのかな。



それでは、また。

そして、告知

f:id:Decembersnow19:20170825002906j:plain


f:id:Decembersnow19:20170829000450p:plain



会員展になります。
今年も参加させて頂きます。

まだまだ幼い作品ですが。



入場料は無料です。


今年こそ在廊したかったのですが
青森まで飛ばないといけないため、今年も設営のみの参加になります。




ご興味頂けましたら、ぜひ。


切り絵の立体作品とも言われる彫紙アート

もっと沢山の人に見ていただけたら、大変嬉しいです。


この展示が終わりましたら



私も作家活動の一環に入ろうと思います。

まずはグッズづくりなどから。



これからも沢山の人と出会えたらいいなと思います。

仕上げ

f:id:Decembersnow19:20170828194200j:plain



完成、そして額装しました。




f:id:Decembersnow19:20170828193825j:plain



今回はマットに挿し色で赤を入れてもらいました。


ただのホワイトのマットが入るより、雰囲気も変わって見えます。



額装の大切さを、身にしみて感じるようになりました。




残すところはウェディングボードのみ。

こちらも、明日には額が届く予定なので

頑張って仕上げます。



やることが盛りだくさんです。

制作の話

f:id:Decembersnow19:20170819212744j:plain



前回の下絵の作品です。
制作途中の写真を、久しぶりに。


約半年前から蝶の作品を作り始めて、5つめです。

一個はボツになりましたが……。


前回の下絵から作り始めたこの作品も、一度完成させましたがボツにしました。 


いくつか線の修正と紙の色を選び直して、今に至ります。


なんとか今月には完成できそうです。

まだ油断はできないけれど、とりあえずホッ^_^;


夏ですが、今年はどこにも遊びに行かず
休日はずっと家で作業しています(笑)

8月に入ってからは特に休日以外で
帰宅後と出勤前にそれぞれ数時間作業してる状態です。


こんなにストイックになったのは、どれくらいぶりでしょうか。


真正面から見てみると紙の種類がそれほど見えませんが、今回も20枚の紙を使っています。

真ん中の蝶は、その中での5、6枚です。


めくるとこんな感じです。

f:id:Decembersnow19:20170819193202j:plain



レリーフっぽいところ
f:id:Decembersnow19:20170819114200j:plain


額装しちゃうと伝わりづらいですが


「彫紙アート」は、重ねた紙をこうやって下まで切り込んでいくことで「彫る」というネーミングを使われています。

一枚の紙ではなく、様々な色をこうして組み合わせられるのが、彫紙アートの醍醐味の一つでもあります。


今年は去年より密度の濃い作品にしたく、ここまで細かくしました。
(とはいっても、会場ではもっと作品の細かい人が沢山ですが)



超えたい階段はただほんと少し。
去年よりも、良い物を作ること。

そして来年の目標に繋がる作品にすること。




完成後は、また後日。

近々、展示の告知も合わせてここに書きます。 



それでは。

描く

f:id:Decembersnow19:20170726195101j:plain



展示作品のアイデア、その後です。

要素を取捨選択して、さらには無駄を削ぎ落として、ひたすら削ぎ落として。
ここまでまとめるのにさえ、とっても苦戦しています。


ウェルカムボードとの両立制作なので
かなりタイトなスケジュールです。




今日までの1週間、今までに感じたことのない無気力に陥っていました。
ベットから出られない日も一日だけでしたが、あった時はほんとにもう駄目かと思いました。
なんとか脱出できてよかった…。




f:id:Decembersnow19:20170726215745j:plain

現実逃避に女の子を描いたり。

太眉の子が好きです。


走り書きだから線があまり綺麗じゃないな(^_^;)


前回の記事で書いた下村先生や、最近ファンになったイラストレーターさんの活動ぶりにエネルギーを頂きながら


引き続き私も描きます。